認定補聴器専門店
船橋リオン補聴器センター > 認定補聴器専門店

認定補聴器専門店とは?

「認定補聴器専門店」とは、(財)テクノエイド協会認定の「認定補聴器技能者」が在籍し、お客様の耳に補聴器を合わせるための設備機器などについての(財)テクノエイド協会 認定審査基準をクリアしたお店だけに与えられる資格です。この「認定補聴器専門店マーク」は、いわば技術と安心の目印です。
聞こえの原因には、加齢によるものや病気によるもの等と違いがありますので、耳鼻科で受診してください。そして、医療機器である補聴器の設定や調整には、専門の耳鼻科医との連携が必要となります。
この補聴器の調整に必要な種々の測定機器や設備を駆使して、聞こえの不自由な方により良い補聴器をご提供するためには、一定水準以上の知識と技能を備えた「認定補聴器技能者」の存在がとても重要になってきます。
聞こえの悩みは人それぞれ違います。
「認定補聴器専門店」は。専門技能を持った補聴器のプロと、整った設備、医療機関との連携で、皆様の多様なニーズに対応し、補聴器効果の確認を行います。そして、万全なアフターケアをお約束します。
「補聴器を選ぶなら、どんな店が安心?」「聞こえの相談はどこまでできる?」そんな疑問や不安を感じた時、一番の目安となるのが、「認定補聴器専門店」のマークです。
補聴器販売店の責務
【補聴器販売の基本】
・専門技術者(認定補聴器技能者)による対面販売を基本とし、
 もてる技能を発揮してお客様のきこえの確保に努める。
【快適生活の提供】
・人間尊厳のもと、愛情と誠意を持ってきこえの相談にあたり、
 お客様の日常生活でのきこえの満足度向上とその維持に努める。
【安心と安全の提供】
・コンプライアンスを遵守し、お客様への安心と安全の提供に努める。
【信頼の提供】
・事故の技能研鑽で、お客様から一層の信頼が得られるよう努める。
【社会への貢献】
・補聴器と関連機器を有効に活用し、きこえの不自由さをとりのぞき、お客様のQOL向上に努める。

補聴器販売店の役割
・補聴器販売業とは、単に補聴器本体を販売するのではなく、補聴器をご利用いただいて
「きこえの改善」を図り「きこえに不自由のない生活」に向け、「より良いきこえの提供」を行い「きこえる幸せと生きる感動」を与えるものでありたい。
・最後まで諦めることがないよう、指導・トレーニングを行い、継続的な補聴効果を維持することにより社会参加と生活の質の向上に努める。

認定補聴器技能者とは

「聞こえになったら補聴器を付ければいい」
・・・単純にそう思ってはいませんか?
「補聴器(ほちょうき)」という文字と語感から「補聴器を買って付けさえすればちゃんと聞こえるようになる」とお考えの方が多いのですが、通信販売で補聴器を買ったり、人から贈られたものを耳に付けても、残念ながら期待する聞こえは得られません。
補聴器は聞こえに合わせて調整して用いるもの。
調整の良し悪しでその効果が左右されます。

日常生活で聞こえなくて困っている状況や「どのような生活シーンで、どのくらいの聞こえがちょうどいいのか?」など、まずは補聴器に期待することを、一度認定補聴器技能者にじっくりとご相談ください。
認定補聴器技能者の責務
・きこえが不自由な方に最適な補聴器適合技術が駆使されるよう努める。
・補聴器技能者の普及啓発活動を行うことにより、きこえの不自由な方と
 それを取り巻く社会の活性化に努める。
・社会福祉の増進に寄与するよう努める。

認定補聴器技能者の役割
【対面による補聴器販売】
・補聴器の供給は専門技術者による対面販売が絶対条件です。
 耳鼻科医による指導を踏まえ、一人ひとりのきこえの個性と生活環境に即して
 補聴器の機能が最大に発揮できる指導、トレーニングを行う。

認定補聴器技能者の業務
・きこえの相談(コンサルティング)
・きこえの測定
・補聴器の選択
・補聴器のフィッティング
・耳型採型
・補聴器フィッティングの記録の作成および保管
・補聴器効果の確認
・補聴器特性の測定
・再調整とカウンセリング
・補聴器装用のケア
最適の調整により
あなたの聞こえ能力が最大限に発揮
できるように努力させていただきます。

認定補聴器技能者カード

認定補聴器技能者になるためには、5年間の実務経験を持ち、一定水準以上の知識と技能を有し、(財)テクノエイド協会の資格試験に合格することが必要。
補聴器専門職に対するこの資格制度は、聞こえ者への補聴器の適切な供給に役立つことを目的としています。